カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
TRADITIONAL STYLE
 



 

「友情・友好・おもてなし」

古来から伝わる飲み方で、グアンパに何度も水または、お湯をつぎたして、回し飲みすることが友情の証とされています。
 
まずはじめに、セパドール・セパドーラと呼ばれるホスト役がマテの準備をします。最初に淹れたてのマテ茶を飲み、飲みやすい状態であることを確認します。
その後、グアンパに再度お湯(水)を入れ、反時計回りの次の人へ渡します。渡された人は、自分のペースで全て飲み干します。
最後まで飲み終えた後は、セパドール・セパドーラにグアンパを戻すのが作法です。その際、茶葉を動かさないように、ボンビージャを固定するのも作法のひとつです。

セパドール・セパドーラは、グアンパに再度お湯(水)を注ぎ、味を整えながら、次の客人へと繰り返します。
これ以上飲まないことを伝える際には、グラシアス(ありがとう)と言うと「もう満足です」と言う意味になり、次からは回ってきません。






 
グアンパとボンビージャを使用した
美味しい淹れ方 
   

1

グアンパに茶葉を2/3ほど入れます。

2

グアンパの口を手でふさぎ、茶葉の細かい粉が上部にくるように、逆さにして何度も振ります。この作業により、ボンビージャが詰まりにくくなります。

3

グアンパを傾けながら、茶葉がグァンパの片側にくるように寄せ、スペースができるようにします。

4

空いたスペースに、水または、お湯を少量注ぎ、茶葉を湿らせます。茶葉が水を完全に吸収するまでグアンパは傾けたままにします。

5

ボンビージャ(金属ストロー)の口を指でふさぎ、底に付くように茶葉側の下まで差し込みます。この時つまりを防ぐため、一度差したボンビージャは動かないようにします。

6

グアンパに水または、お湯を注いで出来上がり。茶葉の上部が乾いたままか、湿っている程度がベストの状態です。

 

【注意】
お湯の場合は、75℃〜85℃程度がおすすめです。苦味が出てしまい、口の中を火傷する恐れもございますので、熱湯は避けてください。
何度も水または、お湯を足し、味が薄くなるまでお楽しみください。






CRUR EL MATE
 

ひょうたんや木のグアンパは、初めて使用する際、
内側に皮や木くず、匂いがついているので、きれいにする下準備が必要です。

この作業を「クラール エル マテ」と言います。
 
 
1 グアンパの中を熱湯で洗い、内側の皮や膜などをスプーンで綺麗に取り除きます。
2 出がらしの茶葉でよいのでグアンパの口までいっぱいに入れて、ぬるま湯を注ぎ、そのまま約1日浸します。
3 茶葉を捨て、2の作業をもう1回繰り返します。
4 軽くすすいで乾燥させ、次の日からご使用いただけます。
5 この作業をすることにより、マテ茶の色や香り、成分がグアンパに馴染み、マテ茶本来の味を損なわずに美味しくお飲みいただけます。


【注意】
ひょうたん製のグアンパは、軽く、素朴な雰囲気が魅力ですが、
素材の特性上壊れやすいので、強い力を加えないようご注意ください。

使用後は、水洗いをしてよく乾燥させてください。長期保存の際は、乾燥剤などをご利用ください。